クラミジアとは?

クラミジアという病気を御存知でしょうか?
聞いたことがある人はもっとも多い性感染症の名前として聞いたことがあるかと思います。
日本国内でのクラミジア患者数は100万人に達すると言われている性感染症で、決して珍しい病気では無いと言えると思います。

クラミジアの厄介な所はその症状があらわれない事も多く、知らず知らずのうちに性交渉を重ねて感染させてしまうことが
往々にしてあるという点かと思います。また、男女でも症状の自覚に差が発生しやすく、
男性の場合は、排尿時の違和感や痛み、尿道が痒くなったり不快感、膿が出てくると言った症状があげれられます。
女性の場合は、実は半数が自覚症状があらわれないと言われていますが、代表的な症状としては、おりものの増加や下腹部痛、
あるいは不正出血、性行為の時に痛むなどがあるようです。
このように自覚症状として感知しにくい性感染症なので、日ごろからの注意が重要になるかと思います。

クラミジアは「クラミジアトラコマティス」という細菌によって感染します。
この最近は粘膜同士の接触を通して感染します。
クラミジアの感染経路には、性感染症というくらいですから当然性行為があります。
また、オーラルセックスでも感染の可能性がありますので、できるだけ粘膜同士の接触を避けて避妊具を使用することが重要と考えます。

また、感染したあと発症するまでに潜伏期間があります。
平均的な潜伏期間として1~3週間程度は潜伏期間があると言われています。
発症していなくとも、この潜伏期間の間に他の人へ感染してしまうことがあるので注意が必要となります。

感染してるかどうかは、できるだけ早く医療機関で検査を受けるか、最近では検査キットも販売している様なので
これらを使うと良いかと思います。
また、感染した・感染が濃厚の場合は薬にて治療することになると思います。

代表的な薬は「クラビット」と「ジスロマック」になるかと思います。
クラビットは合成抗菌剤の一つで最近の増殖に必要なたんぱく質のもとになる拡散の生成を阻害して最近を死滅させる作用があります。副作用として過敏反応(発疹や痒みなどのアレルギー症状)が起きることがあります。
服用する量・期間は成分量によって異なるので処方される・あるいは購入する薬の使用法に従ってください。

ジスロマックは1回の服用で、薬の効果が長く続くので服用を忘れることも無く治療できる画期的な薬です。
成分量にもよりますが、1000mgの場合1回の服用で7日間程度効果が続きます。
その間にクラミジアが治るのは90%と高確率なお薬です。
ジスロマックは副作用が少ない薬といわれていますが、腹痛、下痢、発熱、嘔吐などが発生する場合もあります。

クラミジアは知っていれば、それほど怖がる必要がある病気ではありません。
しかし、感染しやすい病気であることなどを覚えておいて健康な生活を送るようにしましょう。