クラミジア対策

クラミジアとは、性感染症の中でも最も感染率が高いと言われている病気です。
トラコマティスという細菌が人の性器やのどに住み着き、炎症を起したり、体内で悪さをします。
クラミジアの特徴として感染に気づかないということが多く、特に女性は無自覚で、無自覚な方は感染者の中でも80パーセントを越えると言われています。
特に感染の多い年代は10~20代と言われており、セックスの多様化や低年齢化が影響していると考えられています。
無自覚なため、症状に気づかないままパートナーとセックスをして感染させてしまったり、パートナーが変わって感染を拡大させてしまうケースがあります。
男性の場合には風俗店を利用する方が感染してしまう場合があり、サービスがオーラルセックスが主流のためとなっています。
感染経路は性行為が感染の条件を簡単に満たしてしまう行為であり、感染者の粘液、精液または膣分泌液によって感染します。
コンドームをきちんと毎回付けるなどしてきちんと対策をしなければ、男性からでも女性からでも感染させてしまいます。
男性は尿道に違和感を感じたり、尿道に痒みや排尿時に痛みがでたり、膿のようなものが分泌されることがあります。
女性は不正出血やおりものが増えたりといったことが起こりますが、体調不良によっても起こるので、これが女性の感染者が気づきにくい原因になっています。
感染率が非常に高いので感染した時には早期に治療しなければなりません。
症状の気づかず放置してしまうと卵管炎になり、さらに菌が奥に入ってしまうと不妊症や子宮外妊娠の原因になる病気になってしまいます。
男性の場合も睾丸に菌が入ってしまうと無精子症になり男性不妊の原因になります。
感染しないためには、特定の相手とセックスすることや準備をしていない状態での不用意なセックスをすることは避けるようにしなければなりません。
もし感染してしまった場合や少しいつもと違うと違和感を感じた場合には、すぐに病院やクリニックに相談しにいくようにしてください。